よこ書き 銀行印は「右から左に」彫りますか?

ご印鑑の場合 よこ書きにお入れする場合は 捺印の際「右から左に」読めますよう
お彫りすることが慣例となっています。


昭和初期ごろまでの日本では よこ書き文字を 右から左に書く慣習がございました(古く中国から伝わりました漢字の文化となります)
欧米からの文化が入りまして 現在のように左から読む流れに変わってまいりましたが、
ご印鑑の字体には 古い日本の慣習がそのまま残ってございますので現代の読み方とは逆になりますが、ご印鑑独特の慣例とご了解くださいませ。

また、 銀行印の 苗字よこ書きを 左から右にお彫りすることもうけたまわりますので
ご希望の場合にはお申し付けくださいませ。(ただ 銀行などでご使用の場合慣例から

逆に読まれる可能性がございますので できるだけ見本様式での彫刻をおすすめいたします)

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★ひと押しに気を込めて ・・・ 画数のお悩み解消します。
     生年月日と画数から 創業118年 4代目がお彫りする吉印鑑を

   「個人用 吉相印鑑 小林大伸堂」 http://www.kaiunya.jp/
   「会社設立印鑑 専門店」http://www.kaisyain.jp/
 
 ~しあわせオーラをあなたのもとへ~
   パワーストーン宝石印鑑 http://www.rosestone.co.jp/

     フェイスブックページ  http://www.facebook.com/kaiunya
 
    お問い合せは mailto:toiawase@kaiunya.jp
  --------------------------------------------------------------------------
 〒916-0022 福井県鯖江市水落町2-28-29
   株式会社 小林大伸堂(商標登録第5259868号 取得)
              代 表 小林 照明
 Tel:0778-51-0628  Fax:0778-53-1133(FAX専用となります) □■
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

| トラックバック(0)

印鑑焼納供養祭

本年も10月1日「印章の日」に 佐佳枝廼社(さかえのみや)にて
厳かに「印鑑焼納供養祭」がとりおこなわれました。

約3000本の お役目を終えた印鑑がご祈祷の後
祭壇にて焼納供養されました。

当店では 随時 印鑑ご供養の受付を承っておりますので
お役目を終えたご印鑑を当方宛お送りくださいませ。
10月1日まで大切にご印鑑を保管後 無料にてご供養いたします。

詳しくは HPの「印鑑供養」ページをご覧ください。

【お送り先】 尚、送料のみご負担くださいませ。

〒916-0022 福井県鯖江市水落町2-28-29
   株式会社 小林大伸堂内 「印鑑供養」係 宛
   Tel:0778-51-0628

| トラックバック(0)

テスト投稿

テスト投稿です。
| トラックバック(0)

人生の扉

ご印鑑は人生の節目にお使いいただく機会が多くございます。お生まれになった時に成長を祈ってご印鑑を、将来の道を切り開く、進学・ご就職のお祝いに、成人のお祝いに、起業や昇進、独立の際に、家や車・土地など大きな喜びを求めるときに、、
ご印鑑が、場面場面に応じてご自分の決意と勇気、そして「人生の扉」を開くひとつの「鍵」となりますよう!

S様「就職試験の持ち物に、「印鑑」とあったので本人の印鑑を持たせたいと思いお願いしました。ありがとうございました。娘もとても喜んでおります。」

o0210032010528798689[1].jpg
| トラックバック(0)

「ぶれない姿勢」をお褒めいただきました。

本日お電話で、会社を設立されるお客様から、会社実印・銀行印・角印のお問い合わせをいただきました。

一生に一度の大きな決断をされたこと。大きな夢を持っているということ。
そして、なにより数ある印章店の中から当店をお選びいただいた理由・・・
それは、ホームページから「こだわり」「頑固さ」「思い」「安心感」が伝わったから、「ここしかない!」と思いお電話をされたそうです。

本当にうれしいお言葉です。安売りではなく、きちんとこだわった印材を使い、画数や運気の希望を取り込みながら、店主が1本1本彫り上げてくれる。。。「ぶれない」姿勢に感動いただきました。
今後も頑固に守っていこうと自分自身の大きな「自信」となりました。

| トラックバック(0)

福運の広がり

福運はおすそ分けすることによって倍になって返ると申します。。
よい運を多くの皆さんで分け合い、広げてまいりましょう。

| トラックバック(0)


このブログについて

創業115年開運印鑑の4代目店主「小林照明」が様々な想いをつづります。

店主:小林照明

写真一覧